ルフラン

ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 プレイ日記19 汚らしい巨人・トローリア

更新日:

 

注:ネタバレあります。

 

 

ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団
~Coven and Labyrinth of Refrain~

 

 

地下帝国メルム 糧食庫

ルフラン 地図メルム糧食庫

なんか クサい。

くさーい。

あたりは 糞尿の臭いが充満している。

おえぇぇぇぇ。

規模からして どうやら人工的空洞のよう?

一行はそっと 岩陰に身を隠した。

ん?

ルフラン 汚らしいキョジン

乳首丸出しのこいつ なに?

なんか 泥っどろやし。

お股の所から 出てるの尻尾? それとも……?

やだぁ。

汚らしい巨人は 一行の気配を探っていたが

あきらめたのか 立ち去った。

巨人から感じた感じた力は 強く禍々しいものだった。

できるかぎり戦闘は回避したほうがいいの?

あいつに 高圧洗浄機 かけたいわぁ。

ドロニアに 報告しよう。

 

魔女の馬小屋に戻る。

ルフラン トローリア

あいつ くっせぇんだぜ。

フクロウが鳴いている。

あっ 鳥人の王国ってことは フクロウ人間のネルドの国?

本来は鳥人の家畜だったはずの トローリアが

何故 主の王国を滅ぼしたのか 謎とされていた?

フクロウが鳴いている。

ドロニア「存在含めて ただの物語……寓話だとばかり思っていたが 存在するというのか……?」

フクロウが鳴いている。

ドリニア「う・る・さ・いっ! ルカっ! おいルカ!」

うん そろそろ 怒ると思った。

この篭を半刻ほど水瓶に沈めておけ?

ルフラン だめですよ

ルカは気にすることもなく包帯だらけの フクロウにネズミを与える。

餌やり 私もやりたーい。

 

 

誰か来た。

ルフラン ペトローネ

ドロニアは 迷宮探索の調査の一環と答える。

手紙で事前に 伝えたじゃん。

住人が不安になるので 穏便にしてだって。

戦利品の催促もしてきた。

だまって 待っとけい。

ドロニアは 資金の追加援助があれば 予定を早めれると話すが

成果も挙がってないから ダメだって。

最後に一つ質問?

ペトローネ「あなた、本当にバーバ・ヤーガ様なんでしょうな?」

うそん。

ドロニア ニセモノなん?

ドロニア「もちろんです。領主代行殿が 私を呼ばれたことを知ってる人物を他に誰かご存じで?」

ペトローネ納得したみたいで 帰って行った。

ドロニア「黙って金さえ出していれば 多少なりともおこぼれを与えように」

スポンサーは色々言ってくるものなのよ。

 

また誰か来た。

ルフラン ユリエッテ日傘

傘 閉じんかい。

領主様に無理を言って 連れてきてもらった?

なにしにきたんやろ。

ユリエッテ「わたくしの経営する商店はペトローネ商会の大口の取引先ですから あの方には少々コネがありますのよ」

あっそう。

で何しに来たん?

いいお友達になれると思う?

ドロニアは ユリエッテから お金引き出そうと考えている。

ルフラン 魔女

ドロニアは もし魔女なら 目立つ場所で劇団など営まないと答える。

それでは お友達として 悩みをきいてほしい?

いいけど。

早く 傘 閉じろよ。

ユリエッテの 悩みは 殿方とまだ お付き合いをしたことがないだって?

特定の誰かを選び その方と愛をはぐくむなんて考えられない?

みんなを愛しているから?

この人 何歳やろ。

ルフラン 運命

ドロニア「ちっ……こいつ 私が魔女であることを微塵も疑ってないじゃないか……領主の奴が 口を滑らせたか?」

あっ それ ルカやなw

魔法は使えないが 占いの心得があるので 願いが叶うよう力を貸すとドロニア。

その代わりに この人形劇団に 援助をいただくようお願いする。

持ち合わせがないので 宝石をくれた。

ユリエッテ「うーん、ですがこれでは 金貨10枚にも満たないですわね」

ドロニアは 引き受けた。

金貨10枚の価値がわからん。

ユリエッテの血を一滴 占いの為と言って貰った。

 

ユリエッテが帰った後 ユリエッテの血を 錬金釜に……。

ルフラン アバズレ

怖いのぅ。

血でわかるなんて 怖いのぅ。

魔力が満ちたる貯蔵された肝コビトノ血玉を集めてこいだって。

コビトの血玉はすでに 持ってる。

貯蔵された肝を 探しにレッツゴー!

 

 

関連記事

PREV ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 プレイ日記18

NEXT ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 プレイ日記20

LIST ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 記事一覧

 

-ルフラン
-,

Copyright© 雨傘ねこ ゲームの館と小説の館 , 2019 All Rights Reserved.