ルフラン

ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 プレイ日記4 人形兵を作ろう2・カンパニュラ

更新日:

 

注:ネタバレあります。

 

 

ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団
~Coven and Labyrinth of Refrain~

 

 

人形兵を作ろう2

前回 人形兵1号を作った。

 

そして 2号作成に取り掛かる。

途中で 重大な事に気づいた。

漢字は 音読みで並んでいたのだ。

 

1号の「幻葬ランデブー侍」

フレイバーテキストに

「黒髪一族の生き残り。黒髪を操り敵に幻想を見せ葬り去る。黒髪を蜘蛛のように張り巡らせ拘束することも可能」

と入れたかったのに 「黒」と「髪」の漢字が見つからず 断念したのだが

黒は こく 髪は はつ で探せば見つかった。

 

よーし!

2号からは しっかりと フレイバーテキストもいれるぞー。

 

2号

ルフラン モスキー

蚊蒐集家かしゅうしゅうかモスキー」

黒髪一族に仕える医師。蚊をあやつり血を集めている。

 

3号

ルフラン デンプシー

眠攻みんこうデンプシー夢子ゆめこ

眠りながらも戦い続ける民族。ランデブーと幼なじみ。

 

旅団編成

人形兵が3体できたので 編成しよう。

ガウン結魂書の登録と ガウンに所属する人形兵の設定を行う。

ルフラン ガウン

それぞれのガウンに1人~複数人の人形兵が所属し そのガウンを組み合わせて「旅団」を編成します。

人形兵がガウンに所属するには「ガウン結魂書」に登録し 魂の盟約を交わす。

ルフラン 編成

とりあえず 作った3体を編成した。

頼むぞ お前たち

私が心を込めて作った人形兵たちよ。

 

 

ルフラン 放り込む

ひえぇぇぇぇぇ。

 

魔女様の興味を惹くアイテムをてにいれよう?

興味を惹くアイテム?

やっぱ 若返り関連じゃない?

ドロニア 結構おばちゃんやし。

 

カンパニュラ 地下1階

ルフラン カンパニュラ

よし! 黒髪一族 行くぞー。

 

ルフラン マナ

マナは 大事なのね。

過分な魔力には不幸も吸い寄せられるので 集めすぎには注意?

何事も ほどほどにやね。

 

歩いていると 木の看板がたまに置いてある。

  • 瘴気はさほど濃くないようだ by調査隊
  • 魔獣と呼ばれる 玉ねぎ も取るに足らない by調査隊
  • この程度なら重装備でくることもなかった by調査隊

調査隊 全員死んだんやろうな。

 

前衛と後衛

ルフラン 前衛後衛

防御力の強いやつは 前衛。弱い奴は後衛に置くといいのね。

 

武器の射程

前衛・後衛・前後衛の3タイプがある。

ルフラン 武器

 

ということは

防御力が強い奴は前衛に置くので 前衛が得意な武器を装備

防御力弱い奴は 後衛に置くので 後衛が得意な武器を装備させないといけないのね。

射程が合わない装備だと 武器の性能がダウンし 本来の能力を引き出せない。

 

ここメモしなきゃ。

 

 

落とし穴におちて 地下2階に来た。

2階の敵強い!

夢子が死んだー。

ルフラン 夢子

生き返らせるやつ…… 無い。

地上にワープできないの?

徒歩?

しょうがない 徒歩で地上を目指す。

 

とりあえず 1階には上がれたが

地上に戻るにはどうすればいいか わからん。

歩き回る。

これ 迷子やんな。

応答願う! 応答願う! こちら あまがーさネコ!

……シーーーーン。

チュートリアルでもいいから 始まってくれ~。

 

あ 地図見よ。

ルフラン E

「E」のマーク怪しいな。

 

ルフラン 脱出

よっしゃー。

井戸から脱出成功。

ふぅ。

 

全滅して拠点に戻ることになったら

  • 味方の人形兵のロストが発生。
  • 女子アイテムの一部を失う。
  • 人形兵たちの友好度が下がる。

全滅すると 元居た場所に戻るのが大変なので

キリのイイところで「泥の脱出口」を設置するといいんだって。

 

魔女嘆願

魔女に マナと引き換えに お願い事をかなえてもらう。

今は3つ出ている。

フルラン 願い

結構 マナいるなぁ。

やさしい世界にしようか迷う。

 

カルマ

ルフラン カルマ

私悪い事しないから 大丈夫なはず。

 

魔女様の興味を惹くアイテム手に入れてないのに

帰ってきてしまった。

ドロニアに見つからないうちに もう一度 地下へ戻ろう。

 

 

関連記事

PREV ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 プレイ日記3
NEXT ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 プレイ日記5
LIST ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 記事一覧

 

-ルフラン
-,

Copyright© 雨傘ねこ ゲームの館と小説の館 , 2019 All Rights Reserved.