討鬼伝2

【討鬼伝2】攻略 碑文「荒野ノ記録」壱弐参/「再生ノ記録」壱弐参見つけたぜ

2016年8月21日

商人サーガ「魔王城でお店開けって言われた」p

商人サーガ「魔王城でお店開けって言われた」

金目当ての商人のオヤジが魔王討伐?人材派遣屋で様々なジョブの仲間雇い、武器屋と道具屋を建ててパワーアップ!

App Storeはこちら

Google Playはこちら

討鬼伝2 アイ

 

荒野ノ記録の場所

「荒野ノ記録」壱・弐・参 コンプリート。

パチパチパチ~。

方舟ノ記録コンプで これといって何も 起こらんかったのだが……。

全部集めたら 何か起こるんかな?

起こってほしいな。

 

 

荒野ノ記録 壱

討鬼伝2 碑文荒野1

  • 「武」の領域に1個。

討鬼伝2 荒野1

荒野の記録 壱

荒廃した大地を彷徨い歩いてどれほどの年月が過ぎただろうか。記憶は朧げになり もう自分が何者だったかも分からない。心は乾き 希望を持つことすらない。世界が滅びたあの日 高天原は地上に落ち 大地は瘴気の満ちる荒野と化した。光の差さない常闇の世界。その中を孤独に歩むことに 些か疲れた。もう 先は長くない。

 

 

 

荒野ノ記録 弐

討鬼伝2 碑文荒野2

  • 「武」の領域に2個。

討鬼伝2 荒野2

荒野の記録 弐

今日も又一つ 滅びた街を訪れた。人々は消え去り 草木は死に絶えて 静寂が街を支配している。どこにも希望はない。それが答えのはずだった。けれどその日 いつもと違う風景を目にした。不可思議に輝く大きな岩の下に 僅かに緑が広がっていたのだ。そこには一輪の花が咲いていた。涙が零れた。それは数年ぶりに見た命の輝きだった。

 

 

 

荒野ノ記録 参

討鬼伝2 碑文荒野3

  • 「武」の領域に2個。

討鬼伝2 荒野3

荒野の記録 参

不可思議に輝く巨大な岩は瘴気を弾く力を持っている様だった。私はこの地を自分の最期の地とする事に決めた。草木を育て 花を守って暮らした。そして やがて死が訪れた。この記録を紐解き 緑の大地を受け継いでくれる人はいるだろうか。きっといると信じる。希望はあるだろうか。きっとあると信じる。そう 信じる。

 

 

再生ノ記録の場所

「再生ノ記録」壱・弐・参 コンプリート!

イエーイ。

 

再生ノ記録 壱

討鬼伝2 碑文再生1

  • 「戦」の領域に2個。

討鬼伝2 再生1

再生の記録 壱

高天原が落下した地獄の地の探索を始めてから七日。草薙の封印結界の中核である磐座に辿り着いた私は そこで一人の男の遺骸を見つけた。何かを守るように死に絶えていたその体の下には ひっそりと花が咲いていた。私は静かな感動を覚え その男が残した記録に聞き入った。それは瘴気の地獄を生き抜いた男の絶望と希望の物語だった。

 

 

 

再生ノ記録 弐

討鬼伝2 碑文再生2

  • 「戦」の領域に2個。

討鬼伝2 再生2

再生の記録 弐

磐座の地に僅かに広がる緑の大地。一人の男が希望を託した真秀場の地に 私はしばらく留まる事に決めた。それほど長くいるつもりはない。この地に緑が根付き 絶えることのない生命の螺旋となるまで 男の仕事を引き継ぐ。高天原の痕跡を辿る拠点にもなるだろう。私は世界が滅びてから初めて笑った。

 

 

 

再生ノ記録 参

討鬼伝2 碑文再生3

  • 「戦」の領域に1個。
  • 「乱」の領域に1個。

討鬼伝2 再生3

再生の記録 参

草薙の封印結界を再構築すると 瘴気は徐々に衰え 緑は更に広がっていった。木々が生い茂り そこかしこに花が咲いて 色鮮やかな実をつけた。その実は瘴気を弾く力を持っていた。私はこの実を世界に植えて回ろうと考えた。瘴気に沈んだ死の世界を再生してくれると信じて。遠い未来に戻ってくると誓い 私はその地を離れた。

 

 

 

 

よし あとは「大樹ノ記録」と「約束ノ記録」と「封印ノ記録」さすがに 最後の「封印ノ記録」集めたら 何かの封印が解けるんじゃない?封印されし 未知の鬼が出る的な。わからんけど。探しに行ってきまーす。

 

 

関連記事

PREV 【討鬼伝2】攻略 碑文「方舟ノ記録」壱弐参四伍六七八九拾見つけたぜ

NEXT 【討鬼伝2】攻略 碑文「大樹・約束・封印ノ記録」見つけたぜ

魔王「世界の半分あげるって言っちゃった」p

魔王「世界の半分あげるって言っちゃった」

戦うのは勇者だけじゃない!どんどん仲間を増やして、魔物を倒してガンガン上を目指そう!魔王がいる玉座は最上階だ!

App Storeはこちら

Google Playはこちら

討鬼伝2ロゴ■
討鬼伝2 記事一覧

続きを見る

 

-討鬼伝2
-,

Copyright© 雨傘ねこ ゲームの館と小説の館 , 2022 All Rights Reserved.