Switch|PS4 レビュー 天穂のサクナヒメ

【レビュー・評価】『天穂のサクナヒメ』の感想 その1

2021年1月12日

THE CHASER -パズルRPGゲームTHE CHASER
-パズルRPGゲーム-

工業都市で技術者たちが連れ去られる事件が発生。事件に巻き込まれていく主人公と、それを守る"エージェント"の物語。徐々に解き明かされていく謎の追跡者の正体と主人公が狙われる理由。謎を推理しながら楽しむ謎解きパズルRPG。

App Storeはこちら

Google Playはこちら

サクナヒメあい
【天穂のサクナヒメ】攻略 記事一覧

続きを見る

【ゲームレビュー】雨傘ねこがハマった面白いゲーム達

続きを見る

天穂のサクナヒメ

天穂のサクナヒメ

発売日:2020年11月12日
開 発:えーでるわいす
発 売:マーベラス
機 種:Nintendo Switch|PlayStation4|Steam
ジャンル:和風アクションRPG

 

天穂のサクナヒメ レビュー①

 

私が「天穂のサクナヒメ」に出会ったのは、発売日よりも結構前で、面白そうな新作ゲームがないか探していた時だった。

 

その時に見たプロモーションビデオでは、

 

アクションが爽快そうだな~。
キャラクター可愛いなぁ~。
買おうかな~。
でもアクション下手やしな~。

 

と思っていたのだが、米作りのパートを見た時に買おうと決めた。

 

見た動画はたぶんこれ↓

 

米作り…。

 

私の出番だ!(小学校の時の授業で1回田植えしただけ)

 

その時はいつ発売なのか分からず、どこから発売されるのかも見てなかったが、「マーベラス」から出るって知った時

 

「ポイわ~、マーベラスっぽいわ~」

 

って思った。

 

私は、マーベラスの牧場物語やルーンファクトリーシリーズが好きで(ルンファク5めっちゃ待ってる、公式HPがタイトルだけの時からずっと心待ちにしてる)、DSの蟲師もハマったことがあったので、マーベラスは大好きなゲーム会社の一つ。

 

プレイし始めて少ししてから、インディーズの「えーでるわいす」ってところが開発したって知って、クオリティの高さにびっくりした。

 

そして月日は流れ、11/12の発売日が近づくにつれ、私のゲーム脳は米作り体制に入った。
(夕飯カレーってお母さんに言われて、カレーの口なってる見たいな感じw)

 

 

天穂のサクナヒメ購入

 

私はSwitch版を買うか、PS4版を買うか迷ったのだが、何となく「雰囲気Switchぽいな~」という理由でSwitchのダウンロード版を購入した。

 

ちゃんと調べればよかったが、

 

PS4™ダウンロード版デジタルデラックス
天穂のサクナヒメ 楽曲集付豪華版

【セット内容】
・ゲーム本編
・デジタルサウンドトラック(全42曲)
・PS4™用テーマセット(全4種)
・PS4™用アバターセット(全9種)

とか

 

PlayStation Store専用予約購入特典

『PS4専用 天穂のサクナヒメ オリジナルテーマ』つき

とか

 

店舗別購入特典(キーホルダー、貯金箱、コースターなど)

もあった。

 

なんも付いてない通常版を買ってしまった。

 

結構ショック。

 

いつもなら色々調べてから買うのに、なぜかこの時は調べなかった。

 

米作りやりたすぎてハイになっていたのだろう。

 

ちなみに、ずっと天穂(てんほ)だと思っていたが、天穂(てんすい)と読むのだった。

 

 

「天穂のサクナヒメ」スタート

サクナヒメレビュー1

 

私は、武神と豊穣神の間に生まれた主人公「サクナヒメ」となる。

 

サクナ「ぶははは!家にある米を貢ぐだけで毎年のお役目がいただけるんじゃからぁ、まっこと高貴な血とは、楽なもんよ!」

 

サクナは、ぐうたら生活を送っていた。

 

小学生の頃、朝ご飯を寝転んで食べていた自分をなんとなく思い出した。

 

「今回のゲームは、感情移入しやすいかもしれない」そう思った。

 

サクナレビュー2

 

それから、サクナは何だかんだあって、失態をおかし、えらい人にめっちゃ怒られる。

 

そして、神の世界に迷い込んできた人間たちと共にヒノエ島という鬼が住んでる島で生活することになった。

 

小学生の頃、牛乳を飲むのが嫌で、こっそり牛乳を流しに捨てている所を母に見つかり、めっちゃ怒られたのを思い出した。

 

今は牛乳好きよ。

 

サクナヒメレビュー3

ヒノエ島でサクナたちを待ち受ける鬼

 

この映像が出た時、鬼こぇ~と思ったが、実際会ってみると可愛いかった。

 

鬼はさておき、米作りだ!

 

私が待ち望んでいた米作りが今始まるのだ!

 

いざ、出陣!

 

 

米作り

 

米は力だ!

 

キャッチコピー通り、米を作る(米の品質を上げる)ことでサクナは強くなる。

 

だから、米作りを怠ることは許されない。

 

人間たちにお願いすることも出来るが、品質が落ちてしまうので、やはり、豊穣の神である私が!

 

【田植期】

 

① 田起こし

田おこしサクナヒメ

 

クワで田んぼをくまなく耕す。

 

たしか、私神様なんだけどね。

 

フワ~と手をかざすと田を起こせないもんかね?

 

まぁ、まだ未熟だからな。

 

クワを振り上げてはおろし、振り上げてはおろし…。

 

これが、結構大変。田んぼ広いし。昔の人大変。

 

この作業を怠ると稲が良く育たないから、しっかりと耕す!

 

落ちてる石も取り除く。

 

何年も耕すことで、自分自身とクワの心が一つになり、リズミカルに耕せるようになる。

 

そうなれば、こっちのもん。

 

田起こしの達人に私はなった(気持ち的に)。

 

ちなみに、神の力で出来ることは、どこが耕せていて、どこが耕せてないかが見える!

 

これは人間には出来ないだろうから、やはり豊穣の神であるワタシがやらなければならない。

 

 

種籾たねもみ選別

種籾選別サクナヒメ

 

桶に種籾と水と泥を入れて混ぜると、品質が悪い種籾が浮いてくるので取り除く。

 

どういう仕組みなのかは分からないが、スゴイ知恵である。

 

これを考えた人スゴイ。

 

私は大きなシャモジ見たいな器具を回す。

 

ここで気を付けなければいけないのは、楽しくてやりすぎると種籾が減ってしまう。

 

種籾が減ると、収穫できるお米が減る。

 

お米が足りないのが一番恐ろしい。

 

序盤に種籾選別をやりすぎて収穫量が落ちてしまい、お米が食べれない日があった。

 

私は3~4回まわしたらやめるようにした。

 

 

③ 育苗

育苗サクナヒメ

 

倉庫で種籾を苗になるまで育てる。

 

ちなみに、厚播きにすると収穫量は増えるが、品質は下がる。

 

薄撒きにすると、品質は上がるが収穫量は減る。

 

悩むところである。

 

どっちを取るか…。

 

私は…厚撒き派だ!

 

やはり、お米が少なくなるのは怖い。

 

 

④ 田植え

サクナヒメレビュー5

 

苗を田んぼに植えていく。

 

これは小学校の頃に一度体験しているのでイメージしやすかった。

 

苗を少し放しつつ、真っすぐに植える。実際の時よりめっちゃムズイ。

 

私のコントローラーのスティック部分は、勝手に動くので、真っすぐに植えるのめっちゃムズイ。

 

慎重に均等な幅をキープしつつ植える。

 

最初は1個ずつしか植えることが出来ないが、そこは神なので、後々複数一度に植える技術を身につけることが出来た。

 

田植え2サクナヒメ

このように…

 

って、雑い!

 

一度に大量に植えることが出来るのだが、非常に雑な植え方しか出来なくなってしまった。

 

私は一列に綺麗に揃えたいのだが、もう戻れない。

 

新たな力を持った者は、あの頃には戻れないのだ。

 

仕方がない、私の田んぼは、蜜撒きで米作りを行うことになった。

 

 

【育成期】

 

① 水やり

止水サクナヒメ

 

川からひいて来てる水路を使って、水の量を調節する。

 

水温が結構大事なのだ。

 

あと、水入れるの忘れるとカラッカラになっちゃう時があるので、田んぼを毎日観察しなければいけないのだ。

 

米作りは気配りも大事なのだ。

 

 

② 肥料

肥料サクナヒメ

 

住人のウンチと色んな素材を調合して肥料を作る。

 

ほぼ毎日作る。

 

肥溜めからウンチを運び、調合する。

 

慣れたものだ。

 

未来ではゲーム中のニオイも再現できるようになるだろう。

 

まだ、その時じゃなくてよかった。

 

肥料調合サクナヒメ

 

材料によって、土の養分が変わるので、三角のグラフを見ながら調合していく。

 

これはもう、ウンチの化学なのだ。

 

私ぐらいになると、何を入れればどこの三角が上がるのか分かる。

 

長年ウンチ調合に明け暮れた結果だ。

 

 

③ 草むしり

雑草サクナヒメ

 

田んぼに雑草が生えるので抜く。

 

1本1本丁寧に抜く。

 

栄養を持って行かれちゃうので、見つけ次第すぐに抜くことを心掛ける。

 

これも毎日の田んぼチェックが必要となる。

 

あつ森で鍛えた雑草抜きがここで役立つ時が来たのだ!

 

 

④ 害虫・益虫対策

カエルサクナヒメ

 

蜘蛛・カエル・タニシとかを拾って田んぼに入れる。

 

益虫は、稲にとって良くない虫(害虫)を食べてくれるらしい。

 

私の家(現実)の周りは田んぼなので、カエルうるせぇと思ってたけど、来年からは「がんばって食べてね」と声を掛けようと思う。

 

蜘蛛は蚊とかハエを食べてくれるって聞いたので、殺さずほったらかしてるけど、あの巣は不思議だ。

 

ケツから糸出す、それだけでも何で? どういう仕組み?って思うのに、綺麗に作ってるわ。尊敬する。

 

さすがに、手のひらサイズのやつが出てきた時は、外に出てもらうけど。

 

 

【収穫期】

 

① 稲刈り

収穫サクナヒメ

 

私は稲刈りも達人の域に達した。

 

超高速で刈ることが出来るのだ。しかも、数本一度に。

 

これは人間には出来まい。

 

豊穣の神の私だからこその技なのだ!

 

この時(上の稲刈りの画像)は、水を抜くの忘れている。

 

刈った稲、びっちゃびちゃw

 

 

② 稲架掛け

干すサクナヒメ

 

刈り取った稲を干して乾かす作業。

 

どれくらい乾かすかも大事なのだ。

 

稲は繊細なのだ。

 

これは、一束ずつしか持てないので、結構大変なのだが、この後にもっと大変な作業がある。

 

 

③ 脱穀

脱穀サクナヒメ

 

道具を使って稲の穂先から籾を取る。

 

稲を1本づつ謎の道具でシャッ!っと通して籾を取るのだ。

 

まじで、序盤は1本ずつやるのw

 

これも、リズミカルに出来るようになればベテランの域。

 

後々、くるくる回る脱穀機を手に入れて、手早く出来るようにもなった。

 

この作業は頭使わなくていいので、脱穀ハイに陥りやすい。

 

 

④ 籾摺り

籾すりサクナヒメ

 

籾殻を取り除いて白米にしていく。

 

作業を少な目で終わらすと玄米に、〇分搗きという白米と玄米の間のお米にもできるし、めっちゃ作業をやると白米にもできる。

 

最初は餅つきみたいな手作業だったが、足でできる道具が使えるようになって、日に日に米作りは効率よく出来るようになっていった。

 

人間が作り出す道具は素晴らしい。

 

そして、念願の…

新米完成サクナヒメ

 

やった~♪

 

米が出来た時の感動たるやいなや。

 

私が丹精込めて作った米、絶対に美味しいはずだ!

 

食べたい。

 

そう思ったが、

 

米の数サクナヒメ

 

はじめて作った時のお米、品質、悪っるぅ~。

 

めっちゃマズそうな米…。

 

あんなにも頑張ったのに…。

 

豊穣の神なのに…。

 

と凹んだ私だったが、しっかりと現実を受け止め、米の詳細を確認する。

 

サクナヒメ詳細

何年目の結果かは忘れたが、この時は雑草による被害が大になっている。

 

雑草夜だけ抜いていたが、昼も抜くことにした。

 

さらに稲作会議を行い、「農書」を手に入れ、しっかり読み込むことで、香りを出すにはこう、粘りを出すにはこうと勉強する。

 

専門用語も覚え、どんどん米作りが上手くなっていった。

 

1年目ごとにある「量・味・硬・粘・美・香」のランク付け。

 

1年目は散々であった私も、年数を追うごとにどんどんランクが上がっている。

 

めっちゃ嬉しい♪

 

それに伴い、サクナもどんどん強くなる。

 

1年も怠ることなく、私は米作りを続けた。

 

ちなみに、この世界は「春3日、夏3日、秋3日、冬3日」という1年サイクルなので、基本米作り、合間に冒険なのだ。

 

豊穣の神サクナヒメによる米作り、いつ終わるのか。

 

米作りは終わらない。

 

なぜならアップデートで、米作りが999年→9999年出来るようになったのだ。

 

神アプデをありがとう、開発の人!

 

あと、玉子焼きの味付けもアプデで増えてた。グッジョブ!

 

次はアクションについて書くよー。

 

次回:「天穂のサクナヒメ」レビューその2

 

 

 

【ゲームレビュー】雨傘ねこがハマった面白いゲーム達

続きを見る

 

-Switch|PS4 レビュー, 天穂のサクナヒメ

Copyright© 雨傘ねこ ゲームの館と小説の館 , 2021 All Rights Reserved.